Nidan Ryuchi

Imani Mitero


Entry

スポンサーサイト

2013年05月10日(金)

一定期間更新がないため広告を表示しています

終了のお知らせ

2013年04月24日(水) 01:43

 
突然だが、このブログ『いまにみてろ』は今回を持って終了する。


今後のボクの活動については、新しくできたAntwarpのホームページ(www.antwarp-music.com)より発信していくことにする。『今に見てろ!』と吠え続けて数年、いつの間にか自分が進むべき道ができていた。


これからは自分の音楽活動を通して『いまにみてろ』を体現していく。ボクにはAntwarpとLo-Fiとシャク&リハビリーズがあるし、その他にもサポートのお話をたくさんいただいているので、ブログでぼやいている時間がなくなった。がんばって続けてもいいんだが、コラム二ストのお仕事は一向に来ないし、誰も「いいね!」を押してくれないのでやる気がなくなった。


人のせいにするつもりはない。ボクに力がないだけの話である。力がないならば、それを持つ努力をしなければならない。キミたち読者が「いいね!」を押さずにいられなくなる圧倒的な力をな。


と書いてはみたが、続きはAntwarpのホームページでやるつもりだ。あっちで書いたりこっちで書いたりするのが面倒だからもうオフィシャルページで見てくれって話だ。毎度おなじみのフタキダイスケさんにつくってもらったから、センスのないキミたちは彼のデザインや技術を見習えって話だ。分かったか、この野郎!


最後なのでバラすけど、キミたちはボクがこのブログでいろんな実験を試みていたことに気づいたかい?実は今まで書いたことには100%フィクションの内容もある。ある出来事の一部を、「もしこんなことが起こったら楽しいのにな」と思って書いたものもある。全てが真実だと思っていたのなら、キミたちは既にボクの幻術にはめられていたことになる。万華鏡写輪眼の力を思い知ったか、バカ共め!


そういうことなので、もうこっちで書くのは終了する。じゃあな、また次の異次元で会おう。See you next Antwarp !!

 
next live
4.26 Lo-Fi @代官山 Loop
4.29 シャク&リハビリーズ @稲毛K's Dream 
5.8 シャク&リハビリーズ @池袋adm 
5.12 セカイイチ @渋谷 CLUB QUATTRO 
6.23 シャク&リハビリーズ @池袋adm



リプリー

2013年03月25日(月) 01:25


花粉症に悩まされ、薬のせいで急に眠くなったりして体調がおかしいんだが、よく夢を見るようになった。


最近SFものの映画が好きで、エイリアンシリーズも見直してみた。そうしたらエイリアンばっかり夢に出てくる。


不思議と怖くはないんだが、とにかくいろんな所から出て来て「シャァァァーーー!!!」と襲いかかってくるから、その度にビックリしてたまらない。餃子の中からチェストバスターが出て来た時は思わず「なんじゃお前はー!」と叫んで起きた。


たぶん寝言がすごいことになってると思う。レコーダーで録ってみようかな。



next live
4.4 竹蔵バンド @吉祥寺 曼荼羅
4.5 shaku&rehabillys @池袋 adm
4.16 antwarp @代官山 晴れたら空に豆まいて
4.26 Lo-Fi @代官山 Loop
5.12 ??? @渋谷 CLUB QUATTRO



Higher

2013年03月17日(日) 03:15

 
Lo-Fiのベースボーカル、5さん誘われて、Kat Mcdwellさんのライブに飛び入り参加させていただいた。


セッションっぽい感じでということだったので、最近Lo-Fiで入っているリハの延長かと思いきや、Katさんから何曲か楽譜をいただいたのが30分前。オリジナルもあり、一気にハードルが上がる。


(うわっ、ヤベー!)


しかしいつかは乗り越えなければならない壁。こういう時は、できることとできないことを瞬時に判断し、最善をつくすしかない。


5さんやドラムのYoshiさんのサポートにより、なんとか乗り切ることができた。自分に足りないと感じるものは沢山あるけれど、こういう必死になっている瞬間が一番成長している気がする。


Lo-Fiのリハでは、曲を表現するにあたって、必要な要素は何か、今やっていることの何が良くて、あと足りないことは何なのかということを論理的に話し合う。問題を明確にして意識づけを行いつつ、でもセッションは楽しくやるという姿勢はアメリカ的な発想だなあと思う。バークリーのセミナーもそんな感じだった。


そんなわけで、まだまだいろんなところに引っぱり回してもらわないとなと思った一日だった。


今回は真面目になりすぎた。まあこんな日もあるさ。


そして、近いうちにまた書くけど、あるバンドから鍵盤サポートのお話をいただいた。前から知っているバンドだけど、一緒にライブするのは初めてだ。これも楽しみ。ヒントは我が名、リューチの名づけ親がいるバンド。乞うご期待!


すごい勢いでライブ入ってきたな。


next live
3.22 shaku&rehabillys @池袋 adm
4.4 竹蔵バンド @吉祥寺 曼荼羅
4.5 shaku&rehabillys @池袋 adm
4.16 antwarp @代官山 晴れたら空に豆まいて
4.26 Lo-Fi @代官山 Loop
5.12 ??? @渋谷 CLUB QUATTRO






PM2.5

2013年03月10日(日) 21:49

 
週末の空気がヤバいとのことで、一切外に出なかった。ただでさえ花粉症がヒドイというのに、某国からの砂だの化学物質だのをまともにくらったら、血を吐いて死んでしまうかもしれない。とにかく「出たら負け」とニートばりの決意で家から出なかった。


洗濯物を入れにベランダから首を出したら、風がびゅんびゅん吹いているし、空の色はおかしいし、やってられるか!絶対出んぞ!


おかげで久しぶりに自炊もし、花粉症の症状もやわらぎ、家での作業も捗った。


しかし、出たらいかんとなると、出たくなるのがボクの性格だ。コンビニに行きたくて仕方がねえ!楽器屋にも行きたいし漫画も買いたい!その前にATMに行かないと952円しか財布にねえ!


変な空気送り込んできやがってアホどもが!ラーメンマンしかいい奴いねえのか!少しは人の役に立つことをしやがれ!


やっぱり外に出たくなったから今からコンビニに行ってくる!何か買ってくるものある?


next live
3.22 shaku&rehabillys @池袋 adm
4.4 竹蔵バンド @吉祥寺 曼荼羅
4.5 shaku&rehabillys @池袋 ?
4.16 antwarp @代官山 晴れたら空に豆まいて





open your heart, open your mind, open your eyes

2013年03月03日(日) 04:31


2013年に入ってから出会いに恵まれている気がする。嫁候補との出会いはないけどね。


最近自分のバンドAntwarp以外に、2つのバンドで弾かせてもらう機会を得た。1つは何度か書いているシャク&リハビリーズ。ハイテンションなロックバンドで見ているだけでも楽しいバンドだ。ここではお客さんを楽しませるために何をするべきかを日々学んでいる。

参加Live

2013/3/8 @渋谷crawl
2013/3/22 @池袋adm



もう1つは今回初めてオープンにするけれども、Lo-Fiというバンドである。ヒップホップ、ジャズ、ロックをベースとしたクールでヒップなバンドだ。以前から好きでいつか競演したいと思っていたんだが、ライブに参加させてもらうことになるとは!ラップはやっぱ英語だな。コロコロと転がるようなサウンドがたまらん。声というより一つの楽器だ。こちらも必死。






Antwarpもライブやんないとな。一体どれだけの人が新しい音源聴いてくれてるんだか分かんないけど。ボクの予想では5人くらいしかダウンロードしてないんじゃないかと思ってるんだが、お前ら早く買え!ブログばっかりタダ読みしてバカにしてんじゃねえぞ!今すぐだ、今すぐ買えー!


クリックで助かるボクの命↓
Just You Wait - EP - Antwarp





カラオケ

2013年02月23日(土) 13:10

 
「音楽やってるんだから歌も上手いんでしょ?カラオケ行こうよ!」


とたまに言われる。その度に、歌は得意じゃないんですよと説明するんだが分かってもらえない。歌うことは好きだけれども、ボクの歌は所詮鼻歌程度のものである。楽器を何もやっていない人からすると、ピアノが弾ける→歌が上手い→エグザイルがカッコ良く歌える という図式になるようで、その期待が本当に鬱陶しいからカラオケは断っている。


ヴォーカルの歌を聴く機会があるから、良し悪しはそれなりに分かる。上手く歌うコツもなんとなく分かるけど、それが自分にできるかどうかは別なのだ。90年代縛りとか、アイドル縛りとか、好きな人だけでやるなら楽しいかもしれないけど、普通に会社や同窓会で行っても間延びするし、聞いているだけで疲れる。誰が何点だろうがどうでもいいのだ。


前にも書いたことがあるが、ボクが歌いたいのはThomas Dolbyの"She Blinded Me With Science"だ。この曲はバックバンドも従えてやってみたい。こんなのまず若い人は知らないし、カラオケにすら入っていないだろう。ボクが気合いを入れてめちゃくちゃ練習してきても、「すいません、知らないけどなんかスゴイっすね」と言われて終了である。「このゆとりのガキャァ、ぶち殺してやろうか!」と怒り狂うくらいなものである。ボクがその日のために衣装からショルダーキーボードから用意して、youtubeを何回も見直していることなど絶対に分かってもらえないのである。




見て喜んでくれる人がいるなら、右耳のピアスだって開けてやるし、カラコンだって入れてやる。バックバンドだって選りすぐりのメンバーを揃えてやる。でもそれをやったらみんな引いちゃうでしょ?という話なのだ。受け止める覚悟があるならカラオケでもコピバンの話でも持って来なさいよ!ということなのだ。


だからカラオケには行かないよ。トーマス・ドルビーが入ったら行くわ。





世田谷海賊団 2.22

2013年02月20日(水) 01:54

 
ライブのお知らせ。


シャク&リハビリーズのライブに鍵盤で参加する。


2月22日(金) 荻窪clubdoctor 
ゴッサム団長 シャク&リハビリ―ズ The Trippin' Out 
Adv2000+1D500 Door2300+1D500 OPEN19:00 START19:30


ファンクあり、王道ロックあり、スペーシーな4つ打ちありとバラエティに富んだセットリストでお届けする。


バンドではAntwarpの音源に参加してくれた、ギターの竹蔵さん、ジャケットを書いてくれたベースのハルカちゃんも一緒だ。


ボクのセッティングも新しくなった。上段はDave Smith Instrumentsのmophoキーボード、下段はNord ElectroにMaxonのAD-900だ。ノードの音色は今まであまり使わなかったウーリッツァー、クラビ、オルガンが中心となっている。


このバンドは世田谷海賊団を自称しているだけあって、昔からの海賊仲間のようで居心地が良い。ボーカルのシャクさんはワンピースで言えば白ひげだな。パワフルで懐が深い。


まあ、花の金曜日だから予定空いてる人は見に来て楽しんでくれや!






仕事が早い

2013年02月12日(火) 01:08

 
先日発表した我がバンドAntwarpの音源だが、翌日には各配信サイトにあがっていた。仕事が早くてビックリした。やるなCD Baby!ってそんなにやることないか。アップロードされたデータを流すんだもんな。


なんにせよ、聴いてもらえる環境にはなったわけだ。ダウンロードよろしく!


↓↓↓


あと、1点謝らなければならないことがある。先日は500円以内、つまり1コインで落とせるとご案内したが、サイトによって値段が違うみたいだ。お金がない人はCD Babyのサイトでダウンロードしてくれ。3.6$だからたぶん牛丼以下だ。今はまだ牛丼に負けたって仕方ない。諸君の空腹を満たすほどの力はないからな。そのうち腹いっぱいにしてやんぜ。


せっかくブログがあるんだからセルフライナーノーツでも書いといてやる。このブログを知っている君たちだけに特別のプレゼントだ。



Antwarp "Just You Wait"


1. Gatekeeper
 この曲はバンドを始めた時に一番最初に出来た曲だ。尊敬するバンドfresh!みたいな曲をピアノトリオでやってみたいという気持ちからつくった曲だ。編成が変わりアレンジもどんどん変わっていったので全然違う曲になってしまったが、あまり聴いたことのない曲になっていると思う。曲名は『幽遊白書』仙水編の門番・樹からとった。
 ダウンロードした方は分かると思うが、この曲だけギターが入っていない。レコーディングではギターも録ったんだが、諸事情によりカットしてしまった。ライブではギターも入る予定。途中のキメのところは複雑なので未だに楽譜化されていない。「そのまま感覚で飲み込んで!」というボクのムチャぶりがここにも表れている。


2. Bambi
 この曲は前にベースを弾いていたバンビが作った曲をアレンジし直してできた曲だ。元々は違う曲名だったんだが、バンビの曲だからバンビにした。今回の音源の中で唯一、共作名義としている。実は自分一人でつくった曲よりも、この曲が好きだったりする。リズム隊のノリがよくてクールだ。
 レコーディングしたスタジオzotのrhodes suitcaseを弾いたんだが、これがコンディションが良くて最高に気持ちよかった。スタジオzotは閉店してしまうそうだが、是非また復活してほしい。次もzotのrhodesを弾きたい。


3. Wired
 これもバンド結成初期にできた曲だ。4拍子でやったり3拍子でやったりしているうちに、それを全部ミックスしてしまえ!という結論に至った。リハで「ここまで3拍子、ここからここまで4拍子ね」などと当初楽譜もつくらずにやっていた。リズム隊はよく付き合ってくれました。ごめんね。
 曲名はいろんなプレッシャーに縛られていた当時の心境からつけた。


4. Kefka's Laugh
 まだライブでもやっていない新曲であり、メインの曲だ。タイトルからも分かるとおり、FFをフィーチャーした曲だ。オーバーダブしまくっていて、後半はドラムが2台分、ギターも2本、シンセ2台とピアノ、ベースが重なっている。いろんなパートが鳴り響く中で、ギリギリの均衡を保っているのは、エンジニアの森くんとケフカの魔力のおかげである。偉大なるメテオの力を思い知るがいい!
 

と、まあこんなもんだ。しばらくライブの予定はないけど、気に入ったら見に来てくれ!




Just You Wait

2013年02月10日(日) 00:01

 
長らく沈黙していた自分のバンドAntwarpの音源が完成した。


近日中にiTunes Store、アマゾンなどで配信される予定。


今回の音源に携わってくれたメンバー、仲間たちに感謝する。


以下、クレジットである。


Antwarp "Just You Wait"


1. Gatekeeper
2. Bambi
3. Wired
4. Kefka's Laugh

Ryuchi Nidan(keyboards, fender rhodes, minimoog, akai mpc) 
Takezo(guitar, noise)
Daisuke Chida(bass, clap, voice)
Ryosuke Tadakuma(drums, clap)

Kenshiro Mori(sound engineer)
Daisuke Futaki(photograph)
Haruka Tonegawa(Art Design)
Shio(Art Design)




まずは参加メンバーに感謝。


竹蔵さん・・・ムチャぶりに応えてもらってありがとうございました。「ギタリストたる者、要望に応えつつ更なるエッセンスで曲の一端を担いたい」という言葉、ボクの座右の銘になりました。ギタリストだけでなく、どの楽器でも言えること。胸に刻みました。


千田くん・・・君の協力がなければ既存の曲にスパイスを加えることができなかったでしょう。また、クマちゃんを紹介してもらい、強固な土台を築いてもらいました。ブレーンとしての活躍に感謝します。


クマちゃん・・・4,5回しかリハやっていないのに、曲を理解し、支え、時に暴れてくれました。数台分のセットを曲ごとに入れ替え臨む姿勢はまさにプロフェッショナル。あなたはエンジンです。打ち上げやりましょう!


森くん・・・いろいろとワガママを聞いてもらってありがとう。ボクの意図することを素早く汲み取ってくれるところは、やはり君自身がプレーヤーであるからでしょう。想像していたより遥かにいい音になりました。今後もよろしくお願いします。


フタキさん・・・トリッキーなアー写をありがとうございます。だまし絵のような世界観、階段が鍵盤のように見えるのは狙いだったのでしょうか?またいろいろお願いします。


ハルカちゃん・・・最後までいろいろと調整してくれてありがとう。ファンタジーかつ不気味な世界、旅立ちにふさわしい扉を開くことができました。リハビリーズでもよろしくね。


しおちゃん・・・ロゴつくってもらったのはずいぶん前だけど、今後も使わせてもらうよ。あの曲もそのうち録音するからよろしく。


その他様々な形で携わっていただいたスペシャルサンクスな方々

バンビ、のんちゃん、ゆめちゃん、天野くん、ジュンキ、スタジオzot、nenem、デンカ、亀ちゃん、stefanieチーム、ケーサクさん、秋山ユウジさん、hotel new tokyo 今谷さん、葵ちゃんetc...


ということで、ダウンロードよろしく。配信のみなので好きなところで落としてくれ、500円もしないから。なお、ここではもう視聴&ダウンロードできるみたい。



昔、ごっつええ感じで『ヘルショッカーなにわ』というコントがあったんだが、その中のセリフで「攻撃の緞帳が上がっとりまっせ、おいなりはーん!」というのがあったんだが、まさにそんな気分だ。


やっとスタートに立てたぜ。いまにみてろ!




やる気

2013年02月04日(月) 02:06

 
ヴィレッジ・ヴァンガードでSF小説を探していたら、近くにヒップホップ系の格好をした青年がいて、店員と話し始めた。


「これよりイージーなやつないっすか?」


ふと彼の手元を見ると、『Hip Hop 名盤100』的な本があった。


(え〜!すでに厳選されてるのに!?これ以上何をイージーにすんのよ!しかもイージーって何だよ!いらんところで英語使うな!)


別にアルファベット順に聴かないといけないわけじゃないんだから、何でもよかろうに。名盤だろうが傑作だろうが、好みの問題もあるわけで、「聴いてみたけど全然好きになれなかった」なんてことはたくさんあるわけだ。さらに言えば、知らなきゃ恥ずかしいなんてことは、まあその筋のミュージシャンになるなら多少はあるかもしれないけど、徐々に掘り下げていけばいいことで、大して重要なことではない。ガイドブックなんてただのとっかかりだから、何でもいいわけだ。


結局イージーな本はなかったようで話が終わった。青年は帰っていった。


(買わねえのかよ!どんな本探してんだよ!)


彼に言いたい。イージーな道を選ぶな!と。お前が歩もうとしている道は100ごときではないだろう!怯むな!と。今どきyoutubeでいくらでも探せるし、ツタヤで一気に借りてiPodに入れちまえばいいのである。とりあえず入れといて、後で聴けばいい。好きなミュージシャンを見つけてそこから広げていく方法でもいい。


だいたい格好は気合い入ってるくせに、ガイドブックから始めようという発想が気に入らん!digれよバカヤロウ!それすらもやる気がないならそんな格好やめちまえ!


まさか近くでSF小説選んでた奴がここまで思ってるとは想像もつかなかっただろうな、ふふふ。







Mobile

qrcode